風俗で性病になってしまった

私は滋賀で仕事をしていたのですが、平日が休みの仕事で誰とも予定が合わず、暇つぶしもかねてよく風俗へ行っていました。

滋賀で風俗といえば雄琴のソープが有名ですが、家から遠かったのでほとんど近場のピンサロに行っていました。そこで花びら回転コースがあり、一回行くと三人の女性に奉仕してもらうことができました。
それほど料金も高くなくそういうことができたので、何度かそのピンサロ店へ行っていました。

しかし、ある日排尿をしていると痛みが走るようになりました。少し傷でもできたのかなと最初はあまり気にしていなかったのですが、時間が経つにつれて非常に痛みが強くなり、男性器の先から膿のようなものが出てくることに気づきました。さすがにまずいかなと思い病院へ行きました。

その結果、クラミジアと淋病が同時に発症していました。病院に行かなければよくなることがない病気らしいので早く行って良かったと思いました。非常に痛いですが、病院に行けば治るのは非常に早いです。ですが、風俗で泌尿器科に行くのはとても恥ずかしいことでした。正直風俗は非常に楽しく欲求を発散することができますが、こうした病気のことを考えると少しは控えなければなとも思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です