なんで!?こんなはずでは・・・早打ちマックもびっくり。

それは僕がまだ勢力も有り余る27歳モテない、彼女は6歳年下の小柄な自称ダンサーでフリーターM子。お互いが出会ったのは夜の街でノリでナンパして僕の一目惚れでした。

理由は当時とても好きだったアーティストに妙に似ていたからとゆう怪しからん理由です。すぐに電話番号を交換してすぐにデートの約束をしました。デート当日レストランで食事をしてドライブをしながらお互いのことを語り合って夜はディナーとバーでお酒を飲み、いい感じに。お酒のチカラもあってスムーズに近くのラブホテルへ行くことができました。

あまりに型にはまった流れで急接近、シャワーを浴びて入念にマイディックを洗い臨戦態勢です。M子もシャワーを浴びてきてタオル一枚で布団の中に入ってきます。すぐに抱き寄せてキスしたり皮膚とゆう皮膚を撫でていたら、M子も小刻みに震えるのが伝わってきて僕大興奮、

マイディックは小さいながら尖ったナイフのように股の間に反り立っています。カッチカチ!愛撫が大事なのは青春雑誌を読んで洗脳されているのでそのとおりに舐めて触って息遣いが荒くなってきたところで「入れるね・・・。」ジェントルマン!
僕のジェントルディックをゆっくり中へ入れていきます。いやらしく根元まで入ったとき激しくこみ上げる快感が!なんだこれ?あーだめだーここは、ジェントルマン堪えろー!心の叫びむなしく、一度抜こうと思って腰を引いたときの摩擦であえなく暴発!早っ!M子の顔を見るとフリーズしてました。

初めての夜でこれは気まずい、いままでこんなこと一度もなかったのに。自分に裏切られたショックでしばらくHをすることが遠のきました。結果M子とは良い関係を築けなくなり降られてしまいました。興奮しすぎると、こういった結果を招くことを知りました。これを教訓にいまはHする前に深呼吸をしたりストレッチをしてリラックスすることにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です